私のコンプレックスは目が小さいこと。

母親、祖母と代々続く目の小ささを受け継いでしまった私は、小さい頃からそれがコンプレックスでした。
思春期や学生時代に一番いやだったことは、入学時に初めての人と会うときでした。
初めての環境に緊張して顔がこわばると目の小ささにより相手に冷たい印象を与えてしまうからです。
いつも「こわい目してるから怒ってると思った」とか「不機嫌なのかと思った」と言われ、なかなかすぐに友人が作れず、その誤解を解くのに苦労していました。
大学生時代に化粧を覚えたころから多少は目の小ささを自分なりに改善することができました。
目は小さいけれど一重ではなく奥二重なので、アイシャドウも入りやすくマスカラと合わせると多少目に存在感をもたすことができたからです。
当時流行していたギャルメイクのように思い切ったメイクをすればコンプレックスをなくすこともできたかもしれませんが、濃い化粧が好きでないのに加え、それなりのアイメイクでも目に化粧品が入り易くたびたび炎症していたので満足いくほどの効果は得られませんでした。
またアイプチやつけまつげも同様の理由で、一度トライしたことはあったのですがすぐにまぶたがかぶれてしまい、それっきりです。
友人の中には私と同じ悩みを持つ人がいて、ついにはプチ整形で目を二重にして大きくした人がいましたが、効果が持続せずに1年もたたないうちに元に戻っていました。
ですので、たとえコンプレックスであろうと整形には手を出さないように決めました。
結婚してからは目の小ささもそれほど気にならなくなったのですが、地道な努力は続けています。
例えば前髪の量を厚くしたり、帽子をかぶったりして顔の面積を小さくします。そうすると目もふだんより大きく見える効果があります。
髪の色もなるべく眼球と同じ色にすることで目の小ささを緩和しています。
そしてダイエットをし太らないように気をつけています。
私は顔から太っていくタイプなので、太るとますます目が小さく見えてしまうからです。

また、アルバイトの面接に入った時なんかはやはり第一印象っていうのは大事ですよね・・・そのほかにも面接では大事なこともあるのですが・・・(アルバイト面接

接客業のアルバイト先に面接に行くことになっていたのでとにかく笑顔を忘れずに、内心物凄く緊張してどんな笑顔になっていたかは分かりませんが、とにかく笑顔を貫き通しましたね(笑)なんとか合格を貰えたのでそこでも少しは自信が付きました。
またなにより、なるべく笑顔を心掛けることを大事にしています。
笑顔のすてきな人は目が小さくても魅力的な印象を与えているように思うからです。

昨日は幼馴染と焼肉がどうしても食べたかったので行ってきました。スタミナつけてまたいろんなこと頑張ろうと思います。

焼肉 肉 野菜 美味しい

 

 

お金がないけど働けない

昨年の夏までは、私も派遣社員として働いていましたが仕事のストレスから仕事を辞めてしまい、それから専業主婦になりました。以前は私も扶養の範囲ギリギリまで働いていたので、その分が収入としてなくなったので、毎月本当に生活苦です。

主人は正社員として働いていますが、給料が基本給+歩合給なので、毎月変動があります。また、年末年始やお盆などの翌月は、休んだ分給料ががくんと下がり、女子の事務員並の給料の時もあり、毎日お金のことを考えて胃が痛くなります。

また、普通に生活しているだけでも大変なのでが、うちには借金(※こちらで50万円ほど借りてます→専業主婦でも借りれるカードローン)があり毎月2万円程度返済しています。また子供の矯正もしなくてはいけなくなり、こちらも毎月2万円出費があります。

この二つに関しては年内中にはどちらも支払が終わるので来年以降は、少しは生活が楽になるのでは…と期待をしている所ではありますが、子供が小学校の高学年になるので中学の準備などに対してもお金を用意しておかなくては、いけないのでなかなか楽にはなれそうにもないのが現状のようです。

また、もう1点出費がある要因があります。それは、この4年の間に家族が数人亡くなってしまい、毎年法事をしている状態です。しかも、その法事すべてうちが喪主なので、出費もすごい金額が毎年かかっています。

今年の春にも法事がありまして、その時かかるお金の事を考えると毎日泣きたくなってしまうくらいです。

私自身がまた仕事をするようにすれば、どの問題も解決できそうなのですが、喉と婦人科系の疾患を抱えておりまして、医者の方から仕事をしないようにと言われてしまっている状態です。

なので現在は節約は常にしていますが、更に節約ができることはないか、再度生活を見直している状態であります。

主婦の職場復帰について

結婚を機に以前働いていた職場を退職し、二人の子供を授かり無我夢中で育児をしていましたが心の中ではそろそろ仕事をと思っていましたが今現在働いていなければ保育園にはいるのは無理と言われ…。

それから数年、子供達が小学校、幼稚園に入りやっと働けると思い知り合いの方から色々と情報を集めてとても条件の良い職場を教えてもらい何年かのブランクがあったのですが働ける事になりました。

その職場は私みたいに小さい子供を抱える母親にとても優しく、学校や幼稚園の行事があった場合は事前に伝えておけば仕事を抜ける事もでき、土日、祝日は休み。

主婦は色々と忙しいからと平日1日は必ず休みなさい!子供が風邪を引いてお休みした時は休んで下さい!等他にもあります。私達主婦が働きたくても働けないのはまず子供の事が第一です。

子供が急病、学校の行事が立て続けてあった場合、家事と仕事の両立…。私の場合主人や私の実家が自宅から遠く急用があっても頼れる人がいません。

そんな状態で働きたい!と思ってもなかなか踏み出せずにいたのですが、知人の紹介であんなに良い職場に巡り会えたのも本当に運が良かったとしか言えません。

ずっと働いていたかったのですが三人目を授かり辞めてしまったのですが、出来るならばまた同じ職場で働けたらと思っています。同じ様な待遇で子育て中の母親に優しい職場を探すのは本当に難しいと思います。
家の為にと思って我武者羅に働いていても結局は子供達が犠牲になっている事が多々あると思います。主婦が外に働きに出る事は本当に大変な事ですね。